FC2ブログ
 
■プロフィール

reiham

Author:reiham
30代のワーキングマザーです。
少し年下の夫と、3歳の娘がいます。

2013年春、家づくり計画始動
2014年4月28日 着工
2014年6月16日 上棟
2015年1月17日 引渡し
2015年1月19日 引越し

新生活が始まりました。
少しずつ家の中を充実させたいです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスカウンター

■参加中ランキングバナー

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
3坪 追加
接道しているようで、接道していない土地を買ってしまった私たち。

母親や工務店の営業さんも交えて、改めて不動産屋と相談しました。


結果、接道部分の細長い土地(下図の赤い部分)を売ってもらうことになりました。
(これまでの契約では、細長い土地は持分登記1/10でした)

土地 細長い道結論

条件は、いつか道を広げるときに赤い部分を無償提供すること。
仕方ないです。

値段は、土地の坪単価の2倍。
「道路は高いもんだ」そうです。ここまだ道路じゃないのに。

既に土地の一部として代金に含まれている赤い部分の北半分も、二重取りされました。

元々の契約時にはなかった「契約書作成代」まで請求されました。


耐えるしかないです。最初の段階で契約したのが悪いのですから。
不動産取引は恐ろしいことを、娘の代にも伝えていきたいです(笑)


まあ、これで文句なしに土地全部が私たちのものになります

2013年12月24日に追加で契約し、この時造成は2014年1月半ばに取り掛かると言われました。
「いやいや、年内に始めるって言ってたやんか」
言いたいことをぐっとこらえて、着工予定の3月に間に合えばいいと言いました

スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

土地 | 14:12:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
まだまだ続く土地トラブル
土地の契約までの話はこちら

不満な点もあったけれど、やっと不動産屋とのやり取りから解放されたと思っていた去年の11月。


工務店から「土地の北の端に門扉を設けて、そこを通路として申請することになった」
という話が。
自分の敷地なのに、門の位置まで指定されるの

どうやら、『接道部分の登記1/10 = 持分はあるが他人の土地』 ということでした。
道路と敷地を繋ぐ通行路を決めないと43条申請ができないらしいです。
で、購入する部分で元々道路に接している北半分の中で進入路を設けないといけないとのこと。
(もちろん実際には南から入れるけれど、
法的に申請した場所からも人の出入りができるようにしないといけないみたいです)

北半分は塀にするつもりだったのに…
不要な門扉を付けるのは、費用も見た目も損です。

追い打ちをかけるように、銀行からは「接道部分の持分1/10では審査が通らない」と言われました
接道部のどこか2mでいいので、10/10の持分にならないといけないんですって。


なんじゃそりゃ

ここにきて初めて、何もかもが嫌になってしまいました。
不動産屋は1/10の持分で、何も問題はないと言ったのに…!

騙されたような気持になりました。
同時に、しっかり考えずに契約をしてしまった自分たちがバカだったと・・・

不動産屋は「ここら一帯を分譲地にしていきたいから、道路をもっと広げたい」
と言っていますが、それは何年先か、何十年先か分かりません。
もしかしたら、それより先に私たちがここを売る時がくるかもしれません。
今の状態では、こんなややこしい土地に買い手がつくと思えません。

さらに、うちより奥の田んぼが宅地として売れたら、接道部の持分は1/10ずつ渡していくとのことです。
すると何をするにも所有者全員の許可がいるわけで、非常に面倒なことになりそうです。

ここで初めて、これまでの経緯を一緒に住むことになる母親に相談。
「なんでそんな条件で契約したの?」と言われました、やっぱり

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

土地 | 20:41:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
住宅ローン本契約の申し込み
1月23日、全期間固定のI銀行にて、本契約を申し込みました。
(金消契約はまだです)

工務店はとにかくこっちの銀行推しです。
私は10年固定のH銀行も捨てがたいのですが。

I銀行に決めてもいいと思えたのが、土地を買う時点で融資実行できるという点。


住宅ローンは、家が完成してから「土地」と「家」を担保設定して開始するものが多いようです。
でも土地代や、着工金、中間金などが発生する場合、完成前に大金が必要になります。

そこで「つなぎ融資」という商品を別契約させるのがH銀行。
「つなぎ融資」はふつう金利分だけを支払うことになります。
短期間のローンなので、金利は高めに設定されています。
これが、特に夫には「無駄な支払いだ」と不評でした。

I銀行は、つなぎ融資を利用しなくても、本番のローンが開始されます。
この銀行は元々「土地」だけを担保設定して、完成後に「家」を追加するやり方なので、
実行を早めても追加の手数料が発生しないようです。

デメリットは、ローンの返済が早くから始まること。
つまり私は半年以上、アパートの家賃と、実家のローンと、住宅ローンを同時に払うことに…(苦笑)
でも返済が早く始まるとその分早く終わるし、無駄ではないですね。

H銀行は分割実行をしていないらしく、それを理由にお断りしようとしました。
そしたら、当初は10年固定1.2%だった金利を、0.90%に下げると。
もはや変動並み。
ローンの金利って、意地でも動かない銀行と交渉次第で大きく変わる銀行があるんですね。


本契約をしても、金消契約をするまでは決定ではありません。
なので、もう少しだけ考えてみます。

テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ

ローンやお金のこと | 19:13:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
外構業者のプランニング
自宅の近所に、他県にも支店があるようなエクステリア会社があります。
家を敷地のどの位置に建てるか悩んでいたのもあり、昨年末頃、思い切って相談にいきました。
着工前というか、造成もまだの段階で(笑)

でも、話を聞くとそんなお客さんもそれなりにいるようです。
理想のエクステリアを実現できる土地探しをする人さえいるとか。
新築なら早い段階で計画するに越したことはないと言われ、安心しました。

初回は予算や要望などのヒアリングとのことでしたが、
思ったほど聞き取ってくれない・・・
施工事例やカタログも出てきません。
「シンプルでナチュラル」の言葉だけでちゃんと伝わったのか疑問でした。

予算は、リクシルで出た論外な見積もりの半分の、400万にしました。
そのためにいくつか妥協案を伝えています。

・予算削減のため「3台並列のカーポートをやめて、2台と1台に分けたい」と言いました。

・車から家まで絶対に雨に濡れたくないという条件を外して、
「雨に濡れずに乗降し、玄関と行き来できる場所が一台分でもあればいい」と伝えました。

・とりあえず道路から目につく部分だけの施工でいいと伝えました。


建物と土地の図面を見せましたが、実際にデザイナーが土地を見にいくようです。
プラン作成までは無料とのことでした。


そして、2週間後・・・


こんなのできていました。

外構案1
外構案1の平面図

ちょっと好みとは違ったかなぁ。
でも、問題はそこではありません。

具体的に伝えたのに、3台用のカーポートがついている。
車から玄関まで濡れずにいける部分がない。
バリアフリーの計画もしてほしいと言ったけど、工夫や計画がない。
客用駐車場が縦列駐車。道路と高低差があるので無理だと事前に伝えたのに…。
北側までカーゲートが付いていて土間コンを打っている。

これら全て予算内で収まっているならまだ許せたんですが、なんと600万円台


人気の会社なようですし、腕に自信のある設計士かもしれませんが、
こちらの意向を理解してもらえない所には依頼したくないです・・・

外構も、ためしに自分で描いてみようかしら

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

外構 | 18:49:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
とても疲れた土地の契約
土地のことでは、押しの強い不動産屋を相手に非常にストレスを感じました(- -;)

これまでの流れは・・・

2013年5月末、重要事項説明書を受け取る。
「すぐ契約しないなら、他に売るけど」なんて急かされる。
造成する擁壁のことを詳しく聞こうとしても、「確認申請は通さない」「気にしなくていい」と一蹴。
前の記事で問題になった、但し書き道路についても記載なし。

2013年6月、「契約は急がない」と態度が一変。
但し書き道路の問題が発覚。
以前この土地の借主だった業者が農地を不正利用していたせいで、委員会に咎められ、
農地転用の許可が下りない可能性が出てきた。

2013年10月末、農転許可とローンの問題が解決し、改めて重要事項説明書にて契約の確認。

ここからが、今回の記事の話です。

半年前のの重要事項説明書と比べて、いろいろおかしいんです。
表紙から私たちの名前を間違っている。
農転費用10万円が、こちら持ちに変わっている。

しかし何より腹立たしかったのはこちら。

いずれは道の幅員を広げたいからと、我が家の接道部分を細長く切り取るつもりなのは聞いていました。
切り取る部分は土地の価格から引いて、持分1/10登記とのことでした。
通行の権利はあるし、10/10でも1/10でも1/100でも、持分が登記されていれば同じだと説明を受けていました。
家は接道していることに変わりないし、何の問題もないと。
こちらも、200坪から接道部分の3坪くらい削ったところで、別に問題ないと思っていました。

でも、なんとここにきて、切り取る部分のお金は払えと言うのです!
そんな話じゃなかったといくら言っても、水掛け論。
正当に支払った土地の一部を無償で提供なんて、ありえない

土地 細長い道2

図でいうと、ピンク色と赤色の部分が購入する土地です。
薄いグレーが元々の「道路」で、濃いグレーが広げる予定幅です。
土地の南半分は、既に切り取られてある濃いグレーを挟んで接道しています。
ここの持分も1/10無償でもらえる約束ですが、もし赤い部分で文句を言ったら、
南半分の接道部の持分もくれない事態になりそうでした。
この土地の場合、アプローチは南側になるので、それは困ります。

2013年11月4日、仕方なく契約。
農転費用は不動産屋持ちに直してもらったものの、赤い部分は支払うことになりました。
あとは、但し書き道路の申請(43条)です。
これを待っていると造成がかなり遅くなるので、2013年内には造成に取り掛かると言っていました。

※ちなみに、2014年1月半ば現在でも造成は開始されていません(笑)

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

土地 | 12:06:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
事前審査通りました
事前審査の結果ですが、2社とも無事に通りました
(私の条件よりも「土地に担保価値があるか」が論点になりましたが、その話はまた別に)

心配していた「女一人」については、問題になりませんでした。
銀行の方が言うには、女性の方が借り倒れが少なく堅実なので、
審査で不利になることはないようです。

育休明けの問題についても、
本審査時には2013年の源泉徴収が出ているので、悩む必要はありませんでした。



検討するのは、こちらの2社。

工務店が押すのが、隣県の地銀『I銀行』
全期間固定金利です。

もう一つが、地元の地銀『H銀行』10年間の固定金利です。


I銀行のメリット
・全期間固定という安心感
・繰り上げ手数料が無料で、ネットバンク利用可
デメリット
・県内には数えるほどしか支店がない
・給料振り込み口座にしろとか、公共料金の引き落とし先にしろとか、条件が煩わしい
・金利交渉に応じてくれない

H銀行のメリット
・当初10年の金利を かなり下げてくれる(0.9%台!)
・県内最多の銀行で、給料振り込み先もここ
デメリット
・10年後の金利は予測不能で、計画を立てにくい
・つなぎ融資の金利が高い
・土地の審査がうるさい


両社とも返済シミュレーションをしてもらいました。
でもH銀行の10年後の金利は仮なので、試算しにくくて。

夫は、「つなぎ融資の金利ほど無駄な出費はないんだから、
分割実行してくれる銀行に決めたら?」なんて言ってます。

今もまだどこにしようか決めきれません。来月には決めないと・・・

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

ローンやお金のこと | 21:26:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
あけましておめでとうございます
今年初の更新です。
皆様、あけましておめでとうございます

12月31日から1月5日までという長い連休になりました^^
とても嬉しかったのですが、あっという間に終盤ですね。

この正月ですが、1日は私の実家に年始の挨拶にいきました。
2日は夫の実家で義祖母の誕生会と、夫の父方の実家にも挨拶にいきました。
(これら3軒すべて、自宅から職場に行くより近かったりする・・・

私の実家では、私とは比べ物にならないほど料理上手な母が作ったおせちをいただきました。
2014おせち1
写しきれていません。これで、大人3人分!?

おせち2
しかもそれぞれに海鮮丼付き。
2歳の娘には別メニューを作ってくれていました。

満腹でございます~


夫の実家では、いとこたちが出産ラッシュで、可愛い赤ちゃん2人に会えました
うちの娘は大好きなばばちゃんに遊んでもらえて、ご満悦でした。
ここでも、お寿司やオードブルをいただき、ケーキも食べ、満腹


今年の一大イベントは、やっぱり家を建てることでしょうか。
予定では着工が3月末か4月なので、次のお正月は新居で迎えたいですね。

今のところまだ書くことも少ないブログですが、宜しくお付き合いください。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

日々の生活 | 14:25:42 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。