FC2ブログ
 
■プロフィール

reiham

Author:reiham
30代のワーキングマザーです。
少し年下の夫と、3歳の娘がいます。

2013年春、家づくり計画始動
2014年4月28日 着工
2014年6月16日 上棟
2015年1月17日 引渡し
2015年1月19日 引越し

新生活が始まりました。
少しずつ家の中を充実させたいです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスカウンター

■参加中ランキングバナー

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
外構の契約
工務店では一応外構の契約も結んでいましたが、なにせ高すぎました。
→ 参照 『驚愕の外構費!

CMもしているような全国チェーンK社のプランも好きになれず・・・。

3番目に検討したのは、施工事例が私好みだった地元のF社。
私と年の近い担当者は話しやすく、センスも良かったです。
提示した予算を大きく超えないようなプランを数パターン提示してくれたのも気に入りました。

7月12日、ついに契約しました
契約金もいらないし、支払いは施工後でいいという良心設定でした

外構CAD
色決めなどはまだですが、時間があるので追々。
ベースはシンプルモダンな直線形のエクステリアですが、
ナチュラル感が出るようベランダと合わせた木っぽい素材を組み合わせてもらいます。

外構西側から
全体像はこんな感じになる予定です。
門扉はあっても完全には囲まないセミクローズスタイル。

このF社、地元の雑誌にも載っていました。
住宅展示場の外構も手掛けているようです。
初めて会社に行った時、さぞオシャレなんでしょうなぁ~と出かけたんですが・・・。

「カーナビはありますか?ないと、たどり着けないかもしれません」と言われて、
少しドキドキしながら向かったんです。
住宅街を縫うように進み、これから山の中に入るっていう所に会社はありました。
ええと・・・どう見ても民家でした。写真は載せられないくらい民家でした。

その横に、事務所がありました。
外構会社
入り口は二階。娘は「滑り台だー」って言ってましたw

立地と見た目に驚かなかったと言えば嘘になりますが、
何度かお話して、いい仕事をしてくれそうな予感がしました

外構の着工は来年2月頃になるかと思います。

スポンサーサイト

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

外構 | 20:11:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
外構業者のプランニング
自宅の近所に、他県にも支店があるようなエクステリア会社があります。
家を敷地のどの位置に建てるか悩んでいたのもあり、昨年末頃、思い切って相談にいきました。
着工前というか、造成もまだの段階で(笑)

でも、話を聞くとそんなお客さんもそれなりにいるようです。
理想のエクステリアを実現できる土地探しをする人さえいるとか。
新築なら早い段階で計画するに越したことはないと言われ、安心しました。

初回は予算や要望などのヒアリングとのことでしたが、
思ったほど聞き取ってくれない・・・
施工事例やカタログも出てきません。
「シンプルでナチュラル」の言葉だけでちゃんと伝わったのか疑問でした。

予算は、リクシルで出た論外な見積もりの半分の、400万にしました。
そのためにいくつか妥協案を伝えています。

・予算削減のため「3台並列のカーポートをやめて、2台と1台に分けたい」と言いました。

・車から家まで絶対に雨に濡れたくないという条件を外して、
「雨に濡れずに乗降し、玄関と行き来できる場所が一台分でもあればいい」と伝えました。

・とりあえず道路から目につく部分だけの施工でいいと伝えました。


建物と土地の図面を見せましたが、実際にデザイナーが土地を見にいくようです。
プラン作成までは無料とのことでした。


そして、2週間後・・・


こんなのできていました。

外構案1
外構案1の平面図

ちょっと好みとは違ったかなぁ。
でも、問題はそこではありません。

具体的に伝えたのに、3台用のカーポートがついている。
車から玄関まで濡れずにいける部分がない。
バリアフリーの計画もしてほしいと言ったけど、工夫や計画がない。
客用駐車場が縦列駐車。道路と高低差があるので無理だと事前に伝えたのに…。
北側までカーゲートが付いていて土間コンを打っている。

これら全て予算内で収まっているならまだ許せたんですが、なんと600万円台


人気の会社なようですし、腕に自信のある設計士かもしれませんが、
こちらの意向を理解してもらえない所には依頼したくないです・・・

外構も、ためしに自分で描いてみようかしら

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

外構 | 18:49:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
驚愕の外構費!
8月のある日、T工務店の営業Oさんと、リクシルに外構を見に行きました。

200坪の敷地全てを施工する気は全くなく、
最初は、境界塀と門扉、カーポート、ウッドデッキさえあればと思っていました。
それと玄関までのアプローチは作ってもらいたい、程度です。
きっと、6~7割の面積は手付かずになりそうです。
外構にそこまでの予算は割けませんからね…

消費税増税前の注文なので、できるだけ大きく見積もっておいて、
後々削る方がいいとアドバイスされました。

雨に濡れずに家とカーポートを行き来したいという、私の妙なこだわりのため

プラスG (写真はカタログです)
『プラスG』という商品を取り入れることになりました。


門周りや、道路に面する部分のフェンスは
ジオーナ (こちらもカタログです)
『ジオーナ』というシリーズで。

そして、ウッドデッキは『樹ら楽ステージ』という、樹脂と木粉と配合した人工デッキを選びました。

表札や郵便受けはまだ決めきれず、適当な価格帯のものをとりあえず入れてもらいました。


後日・・・

費用が・・・

出た・・・

Oさん「大変申し上げにくいんですが」
私「いいですよー。盛り気味にしておいた方がいいんですよね」
Oさん「交渉は重ねたんですが・・・(資料を差し出す)」

私「はっぴゃくまんですかーーー

固まる我ら夫婦。

よくよく資料を見ると、どうやらプラスGが原因。
定価は高いし値引き率も悪い。
そんな贅沢エクステリア商品を、カーポート3台分と駐輪スペース、玄関までのアプローチ全てに使用。
エクステリアというか、もはや要塞。

「これはないですわー」「そりゃそうですよね」という空気になりました。

そもそも外構は工務店に頼まなくてもいいわけで、Oさんもそれは承知の上です。
エクステリアは、専門業者にも見積もりを依頼してみたいです。

けれど工務店に依頼することで、外構も住宅ローンに組み込めるんですね。
家具家電の買い替えや、登録や引っ越しにかかる諸費用の現金を確保しておきたいので、
できれば外構もローンに入れたいです。

なので一応この予算で組んでおき、実際はどこに頼むにしてもこれより抑え、
建物の方に追加費用があればそこから回してもいいかなとも思いました。

そんなわけで、800万円という現実離れした外構ですが、
「外構を含む、諸々の追加費用」という意味で契約


土地・建物・外構の金額が出たところで、次はいよいよ住宅ローンの審査です。

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

外構 | 20:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
外構の構想
私は、建物と並行して外構計画も進めたいと思っています。

夫と話してみると、外構の価値観は
住んでいる地域によっていろいろだと感じました。

A市の私の実家やその近所は、家はもちろん庭も車も全部塀の中です。
今のアパートも、オートロックのエントランスがあります。
それが当たり前のような私としては、オープンな状態は落ち着きません。

しかも実家では、明らかに人為的な石やタバコの投げ込みも経験しており、
防犯や安全面では私も母も少々神経質になっています

かたやB市の夫の実家は、塀も門扉もありません。
どこが敷地の境界なのかすら分かりません。
在宅なら鍵もかけないのが普通なようで、同じ県内なのにずいぶん違うなと思います。


門をつける必要性を夫に分かってもらえるか不安でしたが、
私の価値観に合わせてくれるようでホッとしました。


でも、建てる家は夫の実家の近所なので、
ガチガチに囲ってしまうと浮いてしまいそうです。

そこで間をとって、セミクローズタイプの外構
(駐車場は塀の外で、人は門扉を通る状態)に決めました。


●シンプルかつナチュラルな雰囲気のセミクローズ外構
●屋根付きカーポート3台、その他駐車スペース3台程度
●ウッドデッキ


これらに加え、
・雨の日でも濡れずに車と玄関を行き来したい
・足腰が悪くなっても対応できるようなアプローチ
・虫が来にくく、草抜きの手間が少ない庭
・可能なら、思い出に、実家にある木をいくつか持っていく
なども盛り込めたらな~と思っています。


本当は、雑誌のモダンリビングに載っているようなお庭に憧れます。
水盤とか、噴水とか・・・
緑の絨毯みたいに芝生を敷き詰めるとか・・・
でも、現実的じゃないので、脳内妄想に留めておきます


その後、「雨に濡れたくない」という思いが、外構費用の悲劇を生むことになるのでした

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

外構 | 22:04:41 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。